RSS

スタイルとゴール

1.    英語に浸った環境作り

英語イマージョン教育 メイプルでは通常、登校してから下校するまで、アクティビティやレッスンのすべてが英語で行われます。  ジェスチャーを用いたり、簡単な英語に置き換えて例を示したり、またイラストを適所に使用することにより、英語のみの教育が成り立っています。このような英語にどっぷりと漬かった環境下では、こどもたちはなんとかコミュニケーションを取りたいと必死になるため、英語を積極的に聞く力、理解しようとする力が育ちます。わたしたちはこのような英語のみの世界を作ることに努め、それを維持することを大切にしています。   

前述のとおり、メイプルでは英語を日本語に訳したり、そのまま日本語を使うことはめったにしません。それは、安易に日本語を用いて、せっかくの英語モードから日本語モードへ切り替えてしまったり、講師が日本語で説明してくれるのを待つ姿勢を作らせないためです。ただし、必要と思われる場合には日本語を使うことがあります。例えば、お迎えの時間にまだ来ないお母さんを待っている、不安な面持ちの幼いお子さまには、「お母さんはもうすぐ迎えに来るからね!」と一言声かけをして安心させてあげます。また、ジェスチャーやイラスト等では伝えきれない抽象的な単語の説明や、文化教育の際には、必要に応じて部分的に日本語を用いることがあります。

2.     コミュニケーションを大切にした対話型のレッスン

メイプルでは、単なる教科として英語を教えているのではなく、むしろ手段として英語を使って教育活動を行っています。

歌を歌うとき、ワークブック(ドリル)をするとき、おもちゃで遊んでいるときなど、いかなるアクティビティをしているときでも、常に対話することを大切にし、双方向で教育できるよう心がけています。つまり、対話しながらレッスンを進めることによって、レッスンに参加するためには英語を用いることが必要となる環境を作り上げているのです。

3.    .バランスの良いカリキュラム 

「バランスが良い」とは、どのようなものでしょうか。

親はこどもによく学んでほしいと望みますが、こどもはただ楽しみたいと思うものです。その点、メイプルは楽しくて、しかも教育的です。遊びながら学べる場所です。学ぶことは楽しくなくちゃいけない、と私たちは考えます。

メイプルのレッスンには、教え、学ぶことに重点を置いた「コアタイム」と、こどもたちの豊かな成長をはぐくむ「ナチュラルタイム」があります。

コアタイムの間は、テーマごとに組まれたカリキュラムに沿って、歌を歌ったり、読書や(教育的な)カードゲームを楽しんだり、ワークブックやピクチャーディクショナリー(絵辞書)を用いて、レッスンプログラムに取り組みます。

ナチュラルタイムでは、おもちゃや粘土、工作、ボードゲームなどを楽しんだり、さらには外で思いっきり体を動かしたりします。この特色のあるコアタイムとナチュラルタイムはどちらも楽しくて教育的です。そして、いずれの時間にも、生徒と講師が自然に、なおかつ積極的に対話をできるようなレッスン構成となっています。

なお、見たり観察したりすることが一番の学習方法である子どももいれば、聞くことが一番の子どもや、体験したり体を動かすことが一番の子どももいます。メイプルでは、レッスンプログラムにさまざまなアクティビティ(*下記参照)を取り入れることにより、いろんな方向から子どもたちに働きかけるよう努めています。 

*レッスンはさまざまなアクティビティにより構成されています。アクティビティとは、具体的に、歌を歌うこと、読書をすること、ワークブックをすること、工作をすることなど、ひとつひとつの取り組みを指します。

4.    テーマに沿った柔軟なカリキュラム 

カナダの幼稚園同様、メイプルでは教科書や文法に沿ったカリキュラムでなく、テーマに沿ったカリキュラムを用いています。すでに設定されたレッスンプランやカリキュラムがあるので、実際は柔軟にレッスンを進めていくことができます。つまり、そのレッスンプランやカリキュラムを軸に、レッスンの構成やアクティビティをその時々の生徒たちの反応(興味や集中力、能力、クラス全体の雰囲気など)に合わせた形にして、進めていきます。毎月のテーマを設けることにより、さまざまなアクティビティを通して、そのテーマに関連した事柄が何度も導入されるため、子どもたちは無理なく学び、覚えることができます。

5.    効果的で安全に学べるチームティーチング 

生徒 対 講師の割合 

l  2~4歳のお子さま3~4名に対して講師ひとりの割合で担当(1クラスに最低2名の講師が担当)

l  5歳以上のお子さま4~5名に対して講師ひとりの割合で担当

メイプルではネイティブ講師と日本人講師が組むチームティーチング方式でレッスンを行っています。この方式により、お子様がいつでも多くの英語に触れることができると同時に、配慮の行き届いた環境で学ぶことができます。

メイプルは温かく友好的な学校です。校内では、生徒の安全と協力が第一とされ、乱暴で非協力的な行動は許されません。このため、わたしたちは常に、保護者さまにはどのようなことも正直にお話します。万が一、何か問題が起きたとき(例えば、お子さまが怪我をしたり、泣いたり、その他の心配事が起こったときなど)にも、そのことを迅速かつ正直にご報告しています。とはいえ、もちろん、お子様の成長や楽しんでいる姿をお伝えできることがほとんどですので、ご安心下さい。

ームページ メイプルは松本市のこどものための英語スクールです。

maplekidsenglish.com


広告
 

コメントは受け付けていません。

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。